6月30日『OICX EVENT vol.4 デザイナー・エンジニアのための未来講座』を開催します

オープンイノベーションを推し進めていく上で、様々な立場の組織やリソースをコーディネートし、描いたビジョンに向かって前進させる存在は欠かせません。様々なものを繋ぐイノベーションの領域では、このようなポジションでのデザイナーの存在意義が非常に大きくなっています。同時に、エンジニアの活動領域も多岐にわたっています。変化の激しい社会に対してどのようなアプローチを取る必要があるのか、そして今後デザイナー/エンジニアはどのような役割を担っていくのか。現役デザイナー/エンジニア、またデザインやプログラミングを学ぶ学生に向けたイベントを開催します。

>>お申し込みはこちら

そもそもイノベーションとは

新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革を意味します。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指します。

OICXとは

名古屋大学オープンイノベーション拠点「OICX(通称:オイックス)」では、このイノベーションをオープンに推し進めよう、すなわち、大学・企業・行政のあらゆる組織でオープンにタッグを組み、社会的変革を起こそう、という考え方のもとで、ベンチャー企業の支援をしています。普段はオフィスですが、「未来をつくるテクノロジー」にフォーカスした様々なイベントも企画、開催しています。

イベント詳細

日時:2018年6月30日(土)14:00~17:00
場所:名古屋大学オープンイノベーション拠点(OICX)
参加費:500円(交流会のドリンク・スナック付き、領収書が必要な方は受付にまでお申し付けください)
参加対象:イベント参加登録ページにてお申込された方
定員:30名
主催:mics合同会社、株式会社カチノデ

スケジュール

14:00 受付開始
14:30 イベント開始(MC:森一浩)
14:40 登壇者紹介(若目田・長谷川・森)
15:00 トークセッション
『イノベーションにおけるデザイナー・エンジニアの役割』
モデレーター:Nagoya Startup News 編集長 若目田氏
15:30 登壇者への質疑応答
(オーディエンスの方同士の交流を深めるため、グループを作り質疑応答を行います。)
16:00 交流会(ドリンク・おつまみ付き)
17:00 イベント終了

登壇者紹介

mics合同会社代表 チームどみにおん代表 長谷川 滉

1997年生まれ、愛知県出身。映像ディレクター。愛知工業大学名電高等学校在学中よりプロモーションビデオやモーショングラフィックスなどの映像コンテンツを制作。2016年よりクリエイティブプロダクション「チームどみにおん」を立ち上げ、名古屋を拠点にデジタルメディア事業を展開している。2018年からはmics合同会社の代表として、映像コンテンツを中心に、ポスタやフライヤー、ウェブサイトなど、幅広くコンテンツを制作する。

名古屋スタートアップ株式会社 代表取締役 若目田 大貴

1994年生まれ、栃木県出身。名古屋・タイ・東京のベンチャー3社を経て2015年4月にフリーランス(ライター&編集者)へ。8月に名古屋スタートアップ株式会社を設立し、国内外の複数のWebメディアを運営している。Nagoya Startup News / Hamamatsu Startup News 編集長。「Webメディアを通して世の中の情報格差を解消する」をミッションに、フリーランスクリエイティブプロダクションとして企業の広報やPRを行なっている。

株式会社カチノデ 代表取締役 森 一浩

1995年生まれ、愛知県出身。グラフィックデザイナー&クリエイティブディレクター。愛知県立芸術大学在学中に、名古屋大学発ベンチャー「Tier IV」のグループ会社としてクリエイティブデザインオフィス「株式会社カチノデ」を設立。グループ会社のデザイン以外にも多数のクライアントワークを展開している。「新しい価値のデザインをする」をコンセプトに、スタートアップ・ベンチャーなど新規事業の立ち上げを、ビジュアル・CI・Web・オフィス空間などのデザイン領域でトータルサポート。自社企画の事業・制作も積極的に進めている。

>>お申し込みはこちら

クリエイターを“mix”させて、 クリエイターの“economics”をつくる。-mics

戻る